経営者が忘れてはならない「5つの心」とは?

前回は「経営における顧客第一主義」についてお話いたしました。

今回は経営者にとって忘れてはならない心構えを、それぞれの頭文字から「KSKSR」と名付けたものをご紹介いたします。

①「感謝」の心

まず最初Kは「感謝の心」です。
経営者として本当に感謝していかないと。

この世の中に生まれていること自体が奇跡ですよ。
自分の親というのが2人いますよね。その親にはまたそれぞれ2人の父母がいる、というふうにこれが10代20代30代と続くと億単位以上の先祖が関わっていることになります。
そのうちの1人でも過去に欠けていると現在の自分がいないわけです。
これは奇跡というほかないですよね。

そう考えると、本当に感謝して一生懸命お仕事もさせていただく、というような気持ちでないと難しいのかな、と思います。

これが最初の「感謝のK」です。

②「尊敬」の心

次に大切なのは、「尊敬」・「尊厳」のSです。

どのような方でも、自分より優れたものをたくさん持っているものです。
ですから、尊厳・尊敬を持って経営に取り組むことがとても重要です。

尊敬・尊厳を持って接していかないと、経営者としてはうまくいきません。

③「謙虚」の心

3つ目のKは「謙虚」です。

どうしても歳をとったり経営者になると、上目線になりがちです。
そうではなく、いかなる時も謙虚な姿勢で一人一人に接していく。これがないと難しいと思います。

④「承認」の心

一人一人をよく見ていると、とんがりや優れた点がたくさんあるものです。

そこのところを承認して、存在感を示してあげる、そういったことができないと、リーダーは務まりません。

⑤「利他」の心

最後のRは「利他の心」です。

特に経営者は、私利私欲ではなく利他の心がないと、難しいと思います。

人間どうしても私利私欲、自分さえよければいい、というふうに無意識のうちになりがちです。

利他の心を持たないと、本当の意味での人徳・人望を得ることはできないでしょう。

まとめ

以上が私の考える経営に大切なKSKSRの5つの心です。

経営をされている方やこれから経営者を目指される方は、いつもこの5つを実践できているか、自問していただければと思います。

中小企業経営者のための会社の数字無料セミナー随時開講中!

決算書を読み、経営分析するスキルは経営者にとって必須ですしかし、日々の業務・営業に忙しい経営者様の中には決算書を読むためのスキルを磨く時間が取れない方が多い事も事実です。
そんな経営者の方が数字に強くなる方法を、これまで1,000社以上のコンサルティングを行ってきたベテランコンサルタント高良高が無料セミナーにてお伝えいたします!