経営における顧客第一主義とは?

前回「事業承継における経営者と後継者の心構えについて」に引き続き、高良塾長へのインタビューをお送りいたします。

大事なのは顧客第一主義で経営を行う事です。

もちろん、利益第一主義が間違っているわけではありませんが、私は売上や利益は結果と思っています。

自分達が提供するサービス・製品によってお客様が本当に心から喜んでいただける、「顧客第一主義」こそ、経営者には絶対必要かなと。

経営における2つの顧客とは

では、「顧客とは誰か?」というと、私の中では2つあります。

1つは何かというと、「外部顧客」、つまり「外」のお客様です。
自分のお客様に誠心誠意を込めて、自分達の製品・サービスをお届けして、心から喜んでいただくということ。

そしてもう1つは「内部顧客」。これは社員の事です。これは財産だと考えます。
これを疎かにしているリーダー・経営者だと、うまく行っても一時的なものになってしまいます。

竹田信玄の言葉にみる内部顧客

戦国武将でも私の好きな武田信玄、この方の有名な言葉として「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵」というものがあります。

何しろ自分の部下・社員を大事にすることで、結果的には城となって守ってくれるんだよ、という意味ですね。
これをいい加減にしては、経営者はうまく行かないのだろうな、と思います。

ここまでのまとめ

先ほどお話したMVPDAの「5ション」が1つと、もう1つがこの「顧客第一主義」、この2つを心から大切にすることが、経営者の心得として非常に重要です。

(つづく)

中小企業経営者のための会社の数字無料セミナー随時開講中!

決算書を読み、経営分析するスキルは経営者にとって必須ですしかし、日々の業務・営業に忙しい経営者様の中には決算書を読むためのスキルを磨く時間が取れない方が多い事も事実です。
そんな経営者の方が数字に強くなる方法を、これまで1,000社以上のコンサルティングを行ってきたベテランコンサルタント高良高が無料セミナーにてお伝えいたします!